つむじハゲが心配で髪が薄い同じ高校生に教えたい育毛方法

つむじハゲに悩み始めたのは高校になってから

自分は、中学生の頃から頭のつむじのあたりが薄くて友達にバカにされていました。

高校生になってから親に髪が薄くなってきたと言われて頭の上を触ったら中学生の頃よりも薄い感じがしたので鏡で見たら中学の時に見えてなかったところが見えていてびっくりしました。

つむじハゲのせいで、友達と遊びに行く時も、周りを気にしなくてはいけないし、写真をとるときも辛かったし、女の子に告白したくてもハゲのせいでふられそうで好きな女の子ができても告白できませんでした。

服装や髪形に、うるさい学校だったので髪を染めたりできないし、髪型で隠せないし、親には、そんなに気になるなら皮膚科とかの病院に行けといわれたんだけど病院に通っているのが友達にばれたら恥ずかしくていきませんでした。

ネットをみていたら髪を生やす薬で育毛剤というのが売っているのをみつけました。
高かったので親に相談したらお金を出してくれるといってくれたのでネットでいろいろ調べて買って使ってみました。

高校生の時には、効果がでませんでしたけど、大学に入ってから使った育毛剤が効いて、今では、地肌もほとんどみえなくなって全体的に髪が増えたような感じになっています。

つむじハゲの育毛剤は、人によって合う合わないがあります。

育毛剤は人によって効果があったりなかったりします。

さらに、髪の毛は、2~6年の生える時期と数か月の抜ける時期、休む時期があるので、育毛剤は、使ってすぐ効果が出るのではなく半年ぐらい使わないと効果がわかりません。

ハゲるのは、寝不足や食べ物、タバコの刺激などのストレスで髪を生やす機能が低下が原因の場合があります。
自分は、タバコを吸ってないし、寝るのもそんなに遅い方ではなかったのでストレスが原因じゃないと思いました。

ハゲる原因は、他にもあって、遺伝でハゲることがあります。
男の人は女の人に比べてハゲやすいそうで、それは男性ホルモンが影響していて男性ホルモンが多いとハゲるようです。
自分の親はハゲているのでこれが原因だと思いました。

親がハゲている人は、男性ホルモンを抑える育毛剤を探せばいいと思います。自分もそうしました。

病院には行きませんでしたけど病院で使われる育毛剤にミノキシジルとプロペシアというものがあります。
ミノキシジルやプロペシアは、病院で使うぐらい髪を生やす効果が高いのですけど頭痛、腹痛や勃起しなくなることがあるそうです。

ミノキシジルやプロペシアを使うときには医者と相談した方がいいです。

そういうことがなくて効果がある育毛剤に使われる成分にキャピキシルというものがあります。
キャピキシルは、アミノ酸とアカツメクサの抽出成分を混合したものです。
アカツメクサの抽出成分にイソフラボンが含まれていて、イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするので髪を生やす効果が期待できるのだそうです。

自分のつむじハゲのところに効果があって育毛剤は、このキャピキシルが入っていて、さらに、成分を浸透しやすくするマイクロイオン水を使っているものです。

つむじハゲが治ってきた

高校の時は、育毛剤は人によって効果があったりなかったりすることをしらなかったし、半年ぐらい使わないと効果がでないことを知らなかったので、つぎつぎと育毛できるというシャンプーや育毛剤を試しました。

大学に入ってからそれを知ったので、大学では、1種類を半年使うようにした結果、今使っている育毛剤で産毛が生え始めました。

来年大学を卒業しますけど、今では、地肌もほとんどみえなくなって全体的に髪が増えたような感じになっています。
おかげで、サークルの女の子にも声をかけられるようになってすごく楽しい毎日です。

私は、気が付くのが遅かったので何年もかかってしまいましたけど、育毛剤は人によって合う合わないがあることと1種類を半年以上使うようにすれば、つむじハゲは必ず治ると思います。

あきらめずに頑張る気持ちが大切だと思います。

自分が今使っている育毛剤のサイトを貼っておきます。

>>時間がかかったけど自分のつむじハゲを治したキャピキシルの配合された育毛剤のページ